1. ホーム>
  2. 収益物件の基礎知識

収益物件の基礎知識

収益物件の基礎知識

将来の年金に不安を抱えられている方が増加している現代では、不動産投資が注目を集めています。こちらでは収益物件の基礎知識をご紹介いたします。これから不動産投資を始めたいと考えられている方は収益物件の基礎知識を身につけておきましょう。

収益物件とはどのような物件か

収益物件とは、収益を得ることができる物件のことです。例えば、購入することで入居者から賃貸料を得て収入とすることができる、アパートやマンションを指します。一昔前までは、アパートやマンションを棟ごと購入する方は限られていましたが、「不動産投資」が活発に行われるようになった現代では、中古物件から新築物件まで収益物件の幅も広がり、気軽に投資を始められるようになったのです。

様々な収益物件

収益物件は、専門的な知識がなくても気軽に購入することができるアパートや賃貸マンションだけではありません。
事務所などで使用するオフィスビルや店舗、倉庫(資材置き場)、駐車場など様々な物件があります。
収益物件を購入する際は、目的や立地など状況に合わせて選ぶことをおすすめします。

収益物件で利益を上げるためには

収益物件を購入し、利益を上げるためにはたくさんの情報を集めて戦略を立てる必要があります。安定した収入を維持するためには、入居者が退去しないように管理を徹底しなければいけません。物件を選ぶ時には、価格に注目するだけでなく、入居者目線で物件を絞り込む必要もあるということなのです。不動産投資を行われている方の中では、インカムゲインとキャピタルゲインという言葉が使われています。

インカムゲインは不動産投資を行う上で入居者から得る収入のことを、キャピタルゲインは収益物件の購入価格よりも高い価格で売却をした時の差益を収益とすることを指します。この言葉を理解しておくことも利益を上げる上では重要です。

京都市周辺で収益物件をお探しの方は、弊社にご相談ください。弊社では、京都市周辺の収益物件を多数取り扱っています。
ニーズに沿った物件をご紹介いたしますので、お気軽にお問い合わせください。