1. ホーム>
  2. マイホームを購入する際の資金について

マイホームを購入する際の資金について

マイホームを購入する際の資金について

マイホーム購入は大きな買い物となり、多額の費用が必要となります。しっかりと資金計画を行い、より快適な新居生活を目指しましょう。

自己資金

自己資金とは自分で貯めたお金のほかに、身内からの借入金や、配偶者の預貯金などが挙げられます。一時的に他人から借りて通帳に記載した「見せ金」は、自己資金として認められません。住宅価格の2割から3割程度を自己資金の目安とし、これらの自己資金をマイホーム購入時の諸経費や頭金などの支払いにあてることが一般的です。それ以外の自己資金でまかなえない部分は住宅ローンに頼る必要になります。

住宅ローン

将来のことを見据えて、住宅ローンを組むことがポイントとなります。返済期間の多くは35年までの長期にわたり設定されています。
現在の収入状況だけを考えた返済では、体調を崩して入院した際などに対応が難しくなってしまいますので、生活が苦しくならない程度の金額に年間返済額を設定し、住宅ローンを組みましょう。また住宅ローンには、変動金利型・固定金利型・固定金利選択型と呼ばれる金利タイプがあります。

変動金利型

年に2回金利が見直され、市場金利に合わせて金利が設定される変動金利型は、金利が低いことがメリットとして挙げられます。
しかし金利の上昇により、返済額が増える可能性があります。

固定金利型

契約当初の金利が変動しない固定金利型は、返済額が固定されているため、資金計画が容易に行えるというメリットがあります。
しかし、変動金利と比べると金利は高く設定されています。

固定金利選択型

一定期間は金利が固定され、期間終了とともに新たな金利などの選択が可能となる固定金利選択型。
金利固定期間としては2年や3年、長期としては25年や35年まであります。

上京区、右京区、左京区など、京都市で不動産や収益物件をお探しでしたら、京都市賃貸情報を多く抱えている弊社にお任せください。
弊社は、京都市賃貸マンションや戸建て売買などを行っている不動産会社です。不動産投資をお考えの方への物件紹介も承っております。京都市内の不動産に関することでしたら、お気軽にご相談ください。