1. ホーム>
  2. 賃貸住宅を利用する時のポイント

賃貸住宅を利用する時のポイント

賃貸住宅を利用する時のポイント

1人暮らしや単身赴任などで賃貸マンションを利用される場合がありますが、初めて利用される方であれば不安と感じる部分が多くあります。これから賃貸マンションを利用する機会がある方はこちらで契約する際に準備するものや注意するポイントについて説明しています。

準備しておく必要があるもの

賃貸マンションを借りる場合はいくつか準備しなければならないものがあります。まずはお部屋を借りる為の費用が必要となりますが、物件によっては敷金や礼金が必要となる場合があります。また前家賃や仲介手数料も必要となりますので、お部屋を借りる前にそれぞれチェックしておきましょう。次に銀行印と口座を準備する必要がありますが、これは家賃を銀行引き落としに設定している場合に必要となるので、物件によっては不要となる場合もありますので、こちらも事前にチェックしておくと良いです。

次に収入を証明する書類が必要となり、お部屋を借りる場合は安定した収入がなければ借りることができませんので、会社勤めされている方は源泉徴収票を準備します。自営業をされている方の場合は納税証明証や確定申告書を準備します。最後に住民票の準備が必要ですが、市役所で発行するため早めに準備していると安心です。

手続きの際は保証人が必要

お部屋を借りる時には保証人を設定する必要があり、これは借りる方が成人であったとしても必要です。
保証人は借りた本人が家賃の支払いが困難となった際、本人の代わりに家賃を支払う必要があります。

契約する場合には保証人の捺印や署名が必要ですので、スムーズに契約する為にも保証人は早めに探しておくと良いです。
また保証人として選ぶことができるのは親戚や家族といった血縁関係のある方が基本です。
物件によっては保証会社を利用する場合もあるので確認しておきましょう。

契約に必要な書類の準備が整ったら物件探しをするだけですが、京都市でマンションを探している方は弊社をご利用ください。
新築と中古の賃貸住宅がありますので、ご予算に合わせたマンションをご提案いたします。また京都市内の収益物件もありますのでマンションをお探しの方だけでなく、不動産投資をされる方もぜひご利用ください。